読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タスク切り替えにはコストがかかる

book zakki

ゴールデンウィークに親と待ち合わせしていて、早めに着いたからジョエルオンソフトウェアを買って読んでいた。暇つぶしだから面白そうなところだけかいつまんで読むつもりだったけど、基本的に全部面白い。PART 2まで読み終わって一番面白かったのは23章の「人のタスク切り替えは有害であるとかんがえられる」。

Human Task Switches Considered Harmful - Joel on Software

よくタスクを平行してやるよりも直列で進めたほうが早く終わると感じる。フロー状態をぶつ切らないとかマジカルナンバーのように人間が同時に物事を把握できる量はそんなにないとか色々理由付けられると思うけど、この章のCPUのマルチタスキングを例にして解説しているところがわかりやすくて面白かった。

タスクの切り替えにはコストがかかる。ゴールデンウィーク前にしていた仕事の細部が思い出せない。昼休み前に自分はどんな構成のコードを書こうと思って途中まで書き進めていたんだっけ。という具合に人はすぐに物を忘れるので、思い出すのに時間がかかる。残念ながらパイプライン処理のようにタスクをこなす超人にはなかなかなれない。他のことが気になっても、できるだけ今のタスクが終わってからにできないかというのを意識するようになった。

ただ、期日が決まっている中で直列にタスクをこなすのは止めた方が良いときもある。タスクAとBがあって、序盤ではAもBも2日で終わるという(たいして根拠の無い)予測をしていて、2つ合わせて4日かかると思っていた。予定通りAを2日でこなし、Bにとりかかって1日目の夕方に、どうもBは4日必要なタスクだったと気付く。この時点で明日には終わらないから締め切りを3日伸ばしてくれとお願いすることになる。一方、最初にAを2日かけて終わらすのではなく、Aに1日、Bに1日というやり方だったら2日目で締め切りが伸びるということを伝えることができる。AとBが終了する日数は同じとしても、土下座するタイミングは速いほうが迷惑はかからない。すごい極端な話ではあるけど。

数日かかる大きいタスクは数時間単位に分割して、細かいタスクを直列に実行する。大きいタスクは直列に実行するのではなく、進めてない方のタスクをたまに様子見したりすると良いかなと思う。