Pry で次のブレークポイント

binding.pry でデバッグするとき、次のブレークポイントへ飛ぶみたいなことをする時は、 pry-nav を読みこめば良い。step, next, continue が利用できるようになる。

いつも忘れる。