虚航船団 - 筒井康隆

読み終わったら読み手として書評を書かないといけない気がしたけど書かない。2章をほとんどすっ飛ばしたんだもの。