読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadでリーダブルコード

koboが発売されたというのにKindleは音沙汰がないので痺れを切らしてNew iPadを買いました。とりあえず電子書籍を読んでみようと思い、読む気のなかったリーダブルコードをダウンロード。GoodReaderで読んでみたら想像以上に読みやすかった。

New iPadは重いのが1番の欠点だと感じている。技術書あたりは大抵iPadより重いので些細なことなんだけど、やっぱり片手でiPadを持って見やすい位置にまで持ち上げてから読みたい。でも、iPadにしてからずいぶん柔軟な姿勢で本が読めるようになって嬉しい。

GoodReaderでの読書はマーキングがかなり便利。僕が本を読む時は気になったページの端を折り曲げたり、付箋を貼ったり、赤ペンで線を引いたりするのだけれど、曲げてた端はのばされてしまったり、粘着力の弱い付箋はいつの間にか剥がれてしまう。そしてフリーハンドの線は二行下のところまで斜めになってしまったりと絶望的に汚い。
GoodReaderならきれいなマーカーを引けるし、マーカーのリスト化もできる。

リーダブルコードについては他の人が言っているように、一般的なプログラミングについて当たり前の事を明文化しているので、ダメそうなコードを見たらリーダブルコード読もうね~と言える。今までは自分が説明しないといけなかった。説明したとしても、既に出ている読みやすいコードのための本よりもうまく説明できないことが多いだろう。リーダブルコードはとっつきやすく、すぐ読めるので、手軽に本任せにできそう。

当たり前のことと言っても、リーダブルコードに書いてあるように習慣づけないといけない。すぐ捨てないコードなら読みやすいコードを書くように気をつけ続けないと、未来にそのコードを読む人からの呪いで気分が悪くなるくらいがいいと思う。