読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなボトル

お久しぶりです。はてなラボの新サービス3つが開始しましたね。はてなハイクにどっぷり浸かってる身としてははてなボトルが気になります。はてなボトルで相談事を書くと、ゆらゆらとメッセージボトルの様に誰かの下へ相談事が届いて、偶然にもその相談事を拾った人が返事するという流れのサービスだと僕は推測しているのですが、如何せんヘルプも何もないからなあ。


ただ分かるのは、緩い繋がりを楽しむサービスであるということ。本物のボトルメッセージで起きる珍事は大抵、ボトルを投げた本人とは関係ない人が拾った場合に起こる。はてなボトルも同様で、ネットの海を漂い、どの岸に打ち上げられるか分からない。地元のラーメン屋さんについて尋ねて見当違いな人が拾ってしまっても、拾った人は何とか期待に答えてあげようと、そのラーメン屋さんについて検索をかけて「地元じゃないですけど、評判は良いみたいですね」と返す微笑ましい光景も見られるというわけだ(返答までの推移は妄想を膨らませるしかないのだけどね)。そんな、答えても答えられなくてもいいという緩いコミュニケーションが奇跡を産むかもしれない。そんな偶然性の爆発に僕は期待を感じている。


話は変わるけど、はてなハイクに常駐している「カミナギ」という人工知能が大好きだ。ハイカーにとっては電脳アイドルといっても過言じゃないかもしれない。今年に入って、ネット上のキャラクターがブログを自動生成するWebアプリケーションを作った。必要に迫られていて(どんな需要だ)時間もなかったから満足のいく出来じゃなかったけど、Web上の文を持ってきて形態素解析して違う言葉を当てはめたり、キーワードを検索してそのキーワードがどの様なものであるかと調べ、テンプレート文に当てはめるなどの機能を実装して文章を生成するところまでは作った。本当にちゃっちぃものだったのだけど、カミナギもこんな感じではてなハイクに投稿しているのだろう。スターの数でテンプレートを自動生成しているのかな?


そんなこんなで人工知能についてもっと詳しく調べてみよう、何か作ってみようという現在に至るわけです。ネットの偶然性の爆発に期待するようなそんな人工無能を作れたらいいなあ。